太陽光発電は架台で選ぶの?

太陽光発電は架台タイプ(屋根置き型)?それとも屋根一体型?

太陽光発電を導入している家を見ていると実に様々なパネルがあるということに気づきます。屋根一体型の太陽光発電パネルとは違って固定資産税がかからないので、架台タイプのもので探す方が多いのかもしれませんが、一般的に太陽光発電を設置すると架台を屋根に取り付けて、その上にパネルを乗せてという工事になります。新築やリフォームの場合は屋根一体型のパネルを勧められるケースもあるようです。それぞれの特徴・メリット・デメリットについて整理してみました。

 

太陽光発電 : 架台タイプ(屋根置き型)

一般的に太陽光発電を導入しようとした場合はこちらのタイプになりますね。架台を屋根に取り付けて、その上に太陽光モジュールを乗せていきます。もともとある屋根に乗せるかたちになるので、屋根に穴をあけて取り付けないといけないのが心配という方も多い。屋根より浮いてしまうので見た目のスタイリッシュさはあまりない。固定資産税がかからない。

 

太陽光発電 : 屋根一体型

新築やリフォーム時に導入するケースが多く、業者もこちらをすすめてくるかもしれません。瓦屋根と太陽光発電が一体になっているので、見た目太陽光発電が屋根に乗ってる感じがしないのでスタイリッシュ。デメリットとしては故障時に屋根に手を入れないといけないのが大変なことと、固定資産税がかかるということでしょう。1平方メートルあたり50,000円程度。代表的なパネルは京セラのヘイバーンパネル。

 

 

太陽光発電の架台タイプ(屋根置き型)でお探しの方も、屋根一体型でお探しの方も、あらゆるメーカー、業者の資料をチェックして、本当に自宅の屋根環境に合うパネルを探すようにしたいですね。

 

太陽光発電一括資料請求の「タイナビ」の活用が便利です!

複数業者に相談・概算見積もりがいただけたり、自宅の屋根にぴったりのパネルを提案してもらえるので、色々な意見を聞いて決められるのがメリットです。タイナビで依頼をかけると次のようなことができるんですよ^^


≫簡単1分入力 タイナビ公式サイト