太陽光発電の詐欺なんてあるの?

太陽光発電の詐欺商法にお気をつけ下さい!

太陽光発電が一般的に普及していくのに伴い、多発してきたのが太陽光発電の詐欺商法です。気をつけていないと思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。どのような方法が用いられているのでしょうか。

 

モニター商法にお気をつけ下さい

最も一般的な詐欺の方法はモニター商法です。営業マンがやってきて、太陽光発電のモニターになってくれるよう頼んできます。モニターになれば、太陽光パネルを無料か格安で設置することができると言うかもしれません。パネルも一流企業のパネルを提示してくることもあります。少し心が揺れ始めたところで、モニターの適用にはならずほかの商品を購入するように勧めてくるのです。この商品は一般的な価格よりもかなり高額であることが少なくありません。

 

またモニターとしてアンケートに協力するとそれによって収入が得られるといった謳い文句で勧誘してくる悪徳業者もあります。そのような場合には相手にしないのが一番ですが、万一契約してしまった場合にはクーリングオフするか、消費者センターに相談することもできるでしょう。

 

こういったやり口には「イマダケ」とか、「補助金の締め切りが近い」とか焦らせるようなトークを使ってくるのも気をつけたいところです。

 

訪問販売業者にお気をつけ下さい

訪問販売についても同様のことが言えます。見積もりを出す際にも屋根などをチェックしないで設計図のみで見積もりを行う業者がいます。しかし屋根材を知らなければ見積もりを出せるはずもありませんので、そのような業者についても太陽光発電の詐欺を疑う必要があるでしょう。さもないと思わぬ高額商品を購入させられてしまうかもしれません。

 

おかしいぞ?と思ったら

太陽光発電は一般的に高額な商品になりがちです。ですから太陽光発電の詐欺にあって費用がかさむことを防ぐためにも、ぜひ注意して費用の低減を心がけたいものです。もしおかしいぞ?と思ったならもらった見積りが妥当なのかを確認するようにしてください。

 

一般的な相場を書いておきます。(業者の工事費含む、補助金適用前価格)
単結晶シリコンパネル → システム1KWあたり50万円
多結晶シリコンパネル → システム1KWあたり45万円

 

その業者だけでなく、他の業者からも見積りをとることでさらに妥当性のチェックができたり、交渉材料にすることもできますので慌てずに対処していきましょう。ネットで簡単にお見積りを複数業者から取得できるのは「タイナビ」というサービスを使うのがおすすめです。

 

太陽光発電の業者に対して不信感をもたれてるかもしれませんが、タイナビならすでに100万人の利用実績があり、優良業者を扱っているので安心です。あせらずに使ってみてください↓