太陽光発電のクレームや苦情とは?

太陽光発電でよくあるクレーム・苦情を把握してリスク回避

太陽光発電に限らず、何かの設備にクレームはつきものです。しかしやはり太陽光発電ならではのクレームがあります。太陽光発電のクレームについて知っていれば、失敗しない設備選びに役立てられるかもしれません。

 

最も多いクレームや苦情は発電量の低さ

最も多い太陽光発電のクレーム内容は、発電量が当初の説明よりも少ないという事です。一日あたりの発電量を営業担当から知らされていたのに、実際にはそれよりも少なかったことに不満を持つ方は少なくありません。

 

しかしながら、太陽光発電は天気に大きく影響されるという事を忘れてはなりません。ですから日照時間の長さによっても発電量は大きく変化します。最初の数ヶ月間で発電量を判断するのは時期尚早と言えるかもしれません。これは節電量や売電量にも同様のことが言えます。発電量が少なければ必然的に節電量も売電量も低くなるからです。

 

また、稀にですが業者の説明不足であったりシミュレーション不足も考えられますので、信頼出来る業者に依頼するようにしましょう。

 

業者に対するクレームや苦情も

さらに工事に際してもクレームが生じえます。工事の際に壁に穴を開けなくてはなりませんが、その穴の位置が良くなかったり柱にあたってしまって柱に穴を開けざるを得なかったりといったトラブルが生じています。そのようなトラブルを防ぐためにも、家の設計図などを用いてどこに穴を開けて欲しくないかは伝えることができるかもしれません。トラブルが起きる前に前もって自分から予防策を講じることもできるのです。

 

太陽光の導入に際しては色々なトラブルやクレームが生じえます。でも前もってよく調べておくなら大きな問題になる前に未然に防ぐことが出来るでしょう。

クレームのもとにならない適切な業者選びをする方法!

太陽光発電の問題の多くは工事を依頼する販売業者の選定ミスが多くを占めます。

 

  • 太陽光発電の価格が高すぎる
  • 当初見込んでいた発電量よりも低い
  • 工事がずさん、屋根が心配

 

問題の多くは信頼のおける業者を選べばほとんど解決します。パネルは大手電機メーカーですので品質は問題ありませんからね。

 

住んでる地域の優良業者に依頼をするには、「タイナビ」という便利サイトを活用するとよいでしょう。概算見積もり、カタログ請求、発電量シミュレーションなども複数業者から無料で取得することができます。

 

しかもネットでの入力のみでカンタンに依頼ができるのが便利。すでに100万人が利用しているという実績がありますからね。太陽光発電選びは失敗しない業者選びからです。↓