パナソニック 太陽光発電

パナソニックのHITパネルが最強?

パナソニックのHITパネルといえば太陽光発電の業界でも最も性能が良いと評判のパネルです。もともとSANYOが開発した太陽光パネルでしたが、2012年にパナソニックに吸収されて、パナソニックブランドとなりました。HIT-N230SJ13/SJ16などは公称最大出力230Wを実現し、変換効率17.9%という製品です。

 

省スペースで発電量も多い

パナソニックの太陽光発電は、省スペースというのも評価のポイントになっています。省スペースでありながら発電量も期待できるというこで、予算がある家庭なら是非とも導入したい憧れのパネルでもありますね。

 

低価格も進んで導入しやすく

私が見積りをとった時には3.45kwシステムで169万円(1kwあたり49万円)でした。以前からHITのパネルは性能No1だけど、価格が手頃ではないといった評価が多かったのですが毎年価格も安定してきているようです。1kWあたり49万円はかなり安い値段でしょう。

 

そんなパナソニックの太陽光発電についてまとめていますので下記よりご覧ください。

パナソニックの太陽光発電|さすがHITパネルの性能ですね!記事一覧

太陽光発電の導入を検討中のかたにとってまず第1候補になるのがパナソニックではないでしょうか。もともとサンヨーというメーカーでしたが、パナソニックに吸収され、ブランド力も技術...