京セラソーラー

京セラソーラー太陽光発電の魅力!

京セラはあの稲森さんが創業した会社なわけですが、その技術力は太陽光発電の業界でも大きく定着しています。まず多結晶シリコンパネルの量産に始めて成功し、日本での太陽光発電シェアのトップ2です。近年は太陽光発電メーカーが増えていることもありますが、まだシェアを拡大しつつありますね。

 

京セラソーラーの魅力の1つは価格でしょう

多結晶パネルということもありますが、小売希望価格では京セラの代表的なパネル(KJ186P-3CUCAの186Wパネル)1Wあたり価格504円は相当安いです。経済的な部分とあとは屋根との相性を考慮して検討していきたいパネルですね。

 

京セラソーラーパネルの発電量(予測)も見ておくと

PV21R186パネル 3.906kWシステムの年間発電量は4211kWhです。 システム1kWあたり1078kWhですので発電量自体はそこまで多くありません。多結晶パネルですしね、その魅力的な価格とあわせて検討ですね。

 

 

歴史があるだけに取り扱い店舗も多いのもメリットの1つ

京セラは全国にFC店が存在する、非常にサポートの強力な企業といえるでしょう。これから太陽光発電の導入を検討しているかたは気軽に問い合わせしてみてもいいかもしれません。また現地展示場なども開催しているので、そこに参加してみるのも面白いと思いますよ。

 

 

京セラ太陽光発電のお見積もりなら

京セラソーラーのカタログ資料請求や、概算見積りができる便利サイトがあります。「タイナビ」というサイトなのですが、地域情報や屋根情報などの簡単な入力のみで複数の業者に一括で依頼をすることができます。

 

いくら京セラの太陽光発電が手頃とはいっても、業者によって工事費用が数十万も違ってくる業界ですから、1社だけに限定しないで相見積もりをすることが肝心ですし、他メーカーのももらっておけば比較ができますからね。

 

≫タイナビで安心の見積りを取ってみる