カナディアンソーラーの発電量は?

カナディアンソーラーの発電量とは?

太陽光発電の導入を検討されているかたにとって重要なポイントは、「価格」と「発電量」ではないでしょうか。少し前までは「モジュール変換効率」の性能の良さで太陽光パネルを選びましょう、というのが賢い選び方と言われていましたが、現在は「発電量」の多さで選ぶのが標準になっていますね。

 

それでは、カナディアンソーラーは公式にはどれぐらいの発電量を見込んでいるのでしょうか。4.0kWシステムを構築した場合の各地域の1年間での予測発電量は以下のようになっています。(公式サイトより抜粋)

札幌 仙台 東京 名古屋 大阪 福岡
4837kWh(1209) 4632kWh(1158) 4419kWh(1104) 4747kWh(1187) 4574kWh(1144) 4491kWh(1123)

※カッコ内はシステム1kWあたりの発電量

 

高発電量が期待できます!

この数値は当サイトが独自にリサーチしたなかでは、14メーカー中5番目に発電量が期待できる数値ですから、性能はトップクラスです。

 

カナディアンソーラーは元々カナダの会社。雪に強い耐久設計がされているので強度はJIS規格の2倍!日本の積雪地域にもマッチしています。さらに雨風にさらされる太陽光発電パネルなので保証の厚みがきになるところでしょう。その点も安心で、保証期間25年というのは国内でもNo1のメーカーです。(他社が10〜20年というところをみると明らかです)

 

カナディアンソーラーは発電量も期待でき、強度、保証の面でもかなりメリットが大きいのでこれから導入を検討されるかたの第1候補に入れて良いパネルだと思います。

カナディアンソーラーの資料請求、お見積り

カナディアンソーラーもそうですが、他社との比較も大切ですね。住んでる地域の施工業者に一括でカタログ請求、概算見積もり請求ができる便利サイト「タイナビ」をご活用ください。

 

私も見積りをとってみましたが、カナディアンソーラーは単結晶シリコンという高性能でありながら、1kWあたり45万円という低価格なお見積りをもらうことができました。この低価格はタイナビを使って一括見積もりしたから競合がおこって安くなったんだと思います。

≫太陽光発電 無料一括見積もりタイナビ公式サイト