カナディアンソーラーの実力は?

カナディアンソーラーの太陽光発電

カナディアンソーラーはカナダに本社を置き、世界中11カ国で展開しているグローバルカンパニーです。2009年に日本法人が設立され、支社は東京の新宿と、大阪にあります。資本金は約3億なので日本でも本格的な展開をスタートしていますね。2012年には累計15000件の設置が完了していますのでそのスピードからも人気がわかります。

 

またその実力は多方面からも評価をうけ、住宅での設置はもとより、学校、高速道路、公共施設などでも導入がなされています。

 

カナディアンソーラーの特徴

カナディアンソーラーの太陽光発電の特徴を挙げておきましょう。まずは太陽電池モジュール。単結晶シリコンを採用しているので性能は高め。モジュールの変換効率は16.54%とトップクラス。実発電量もかなり期待できます。(下記メニューから実発電量の記事も参考にしてみてください)

保証の魅力

また保証期間が長いのも特徴。太陽光発電は屋外に設置するため風雨にもさらされる耐久消費財なので、保証の厚みは気になるところでしょう。カナディアンソーラーは25年間の出力保証と、10年間の周辺機器保証がついています。当サイトのリサーチでは25年間の出力保証をつけているのはカナディアン・ソーラーが初だと思います。

 

強度の魅力

またカナダの雪にも耐えられる強度で設計されているのでJIS規格の2倍以上の積雪強度を持っているのも大きな特徴です。日本の積雪地域で太陽光発電の導入を考えている方はカナディアン・ソーラーを候補の1つに入れたいところですね。

カナディアンソーラー太陽光発電の人気のヒミツ記事一覧

太陽光発電の導入を検討されているかたにとって重要なポイントは、「価格」と「発電量」ではないでしょうか。少し前までは「モジュール変換効率」の性能の良さで太陽光パネルを選びまし...