太陽光発電の相場とは?

太陽光発電の相場:各メーカーごとに価格相場を調べました

太陽光発電システムを購入したいと考えている人にとって、やはり一番気になるのは太陽光発電の相場ではないでしょうか。どれほどのメリットがあっても高額すぎれば購入することは難しくなるでしょう。各メーカーはどのような価格設定をしているのでしょうか。

 

太陽光発電の相場を知るためには、まず国内主要メーカーについて知る必要があります。国内主要7メーカーは三菱京セラパナソニックシャープソーラーフロンティア東芝カネカの7つです。

 

覚えておくと良いのは、どのメーカーであっても太陽光発電システムと施工費用を合わせて1kWあたり50万円前後が太陽光発電の相場であると認識していればそれより高額な見積りをもらっても高すぎるというのをスグ判断できるでしょう。
(単結晶パネルで50万円、多結晶パネルで45万円といったところです)

 

太陽光発電システムの1kWあたりのおおよその価格は、三菱46万円、京セラ50万円、パナソニック55万円、シャープ46万円、ソーラーフロンティア44万円、東芝52万円、カネカはオープン価格といった状態です。

 

これにもちろん屋根の形状や設置面積によって価格は変わりますが、大体このような価格相場になっていることが分かれば見積もりを出されてもそれが適正かどうかを判断することができるでしょう。さらに施工費用については業者によってかなりの差が生じます。見積りの際に他の業者の施工費用のがわかっていれば、交渉もしやすくなるに違いありません。

 

もちろん安ければ良いというわけではありません。金額ももちろんのこと、発電量や設置面積なども比較考量しながら自分の家に最も適した太陽光発電を導入できるようにしたいものです。

 

 

太陽光発電の一括見積もりサービスの「タイナビ」をご活用ください!

最安値を引き出すためには相見積もりが必須。相場とかけ離れた不当な見積りを貰わないためにもタイナビの活用は必須というぐらい念押しをさせていただいています!