太陽光発電の設置費用はおいくら?

太陽光発電の設置費用:失敗しないソーラーパネル選び

太陽光発電を検討している人にとって、設備にどのくらいのお金がかかるかというのは大きな問題となります。太陽光発電設置費用はおおよそどのくらいなのでしょうか。

 

まず太陽光発電設置費用の中には幾つかの種類があります。まず太陽光発電システムそのものの価格です。太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、屋根用架台、ケーブル、売電用メーターなどがこれにあたります。全てが太陽光発電システムに必要なものであり、購入者負担です。

 

太陽電池モジュールは単結晶シリコンか多結晶シリコンか、それともCIS系かによって多少の価格の上下はありますがそれほど気にするほどの差異ではありません。

 

次に工事費用です。太陽光パネルの設置やパワーコンディショナから屋内配線への接続といった工事が含まれます。この工事費用が最も価格の差が出やすい部分です。もちろん業者によっても異なりますがおおよそ40万円程が相場になっています。これよりも大幅に高ければ再検討が必要になるでしょう。

 

最後に各種手続きの費用が必要です。これは余剰電力の売電のための申請、審査、契約が含まれており数万円程度です。その他にもアンペアが変わる時などは別途費用が数万円かかります。これらすべてを含めて、だいたい1kWあたり40〜50万円程が相場という事を覚えておくと良いでしょう。一般的な家庭だと4KWシステムを組むと思うので、4倍の160〜200万円ぐらいになります。

 

太陽光発電設置費用は小さな金額ではありませんから、できるだけ安く抑えることができるようになるため多くの会社の見積もりを比較してみることにしましょう。

失敗しないソーラーパネル・業者選びには相見積もりを!

太陽光発電にかかる費用の相場がわかったところで、依頼する販売店(工事業者)によっては数十万円単位でトータル金額が異なってくることがあります。業者の人件費や利益部分が異なるからなのですが、消費者にとっては安く、しっかり工事してくれればよいというものですよね。

 

そんな時に活用できるのが、便利サイト「タイナビ」です。タイナビを活用すると優良業者を選定できるばかりか、最安値を引き出すことの他に下記の様々なサービスを無料で提供してもらえるんです!