太陽光発電の1KWあたり単価

太陽光発電を1KWあたり単価で見積りを比較してみました!

太陽光発電を導入するかどうか検討するときに必ず行うのが見積もりでしょう。でも一社だけの見積もりではその会社が安いのかどうかはわかりません。そこで国内主要メーカー7社、三菱、東芝、京セラ、パナソニック、シャープ、カネカ、ソーラーフロンティアの1kWあたりの太陽光発電の単価を比較してみましょう。

 

業者によって多少の差はありますが、各会社1kWあたりの太陽光発電の単価は次のとおりです。三菱46万円、京セラ50万円、パナソニック55万円、シャープ46万円、ソーラーフロンティア44万円、東芝52万円、カネカはオープン価格なので不明ですがおよそ50万円程度と考えられます。これはあくまで値段だけの比較になってしまいますが、太陽光発電の単価だけ見ると、パナソニックが最も高額でソーラーフロンティアが最も安いという結果になります。

 

これに加えて施工費用がかかります。しかし施工費用は業者によって実に様々な価格設定がありますので、それを事細かに取り上げることはできません。なるべく安く施工してもらうためには幾つかの施工業者の見積もりをとって交渉することが必要になるでしょう。さらに太陽光発電の単価だけの比較では不十分です。発電効率や保証の厚さなども比較しながらどのメーカーにするか決めることが重要なのです。

 

インターネットでは自分の住んでいる住所と屋根の形状を入力するだけで複数の業者の見積もりが手に入るサイトが多く存在します。それらをうまく活用してできるだけ安く太陽光発電システムを手に入れるようにしましょう。

当サイトのおすすめ便利サイトは「タイナビ」です!

タイナビというサイトを活用すると太陽光発電のあれこれの知識をつけられるばかりか、次のようなサービスを無料でうけることができるんです。