太陽光発電の即時償却とは?

節税したい方、事業主、法人に朗報!

太陽光発電システムへの設備投資が全額損金として計上可能です!即時償却が可能な額には今のところ上限が無いため太陽光発電へ投資をすることで今年度の利益を大幅に減らし節税することができます。この制度は現時点では平成27年の3月末までに設備を取得することが条件で、それ以降〜平成28年3月末までは30%の特別償却となります。たとえば2000万円で設置すれば2000万円全額経費計上できちゃうんです!(資源エネルギー庁グリーン投資減税参照のこと)

 

しかも!当然太陽光発電では電気を作って電力会社に売電することで利益を上げる事が可能です。だいたい年利10%〜15%は出せると言われています。

 

 

太陽光発電一括見積もりサービスの「タイナビ」をご活用ください!

年度末になると節税目的で太陽光発電を検討されるかたが多いですし、補助金の締め切りが例年3月となっているので駆け込みが増えます。手早く太陽光発電の相見積もりをゲットし、最適な業者との交渉を進められるのは「タイナビ」という便利なサイトがおすすめです。

 

タイナビで簡単1分入力で申し込みを行うことで、住んでる地域の複数の業者に一括で資料請求&概算見積もりを摂ることができます。さらに様々なシミュレーションができたり、即時償却のことも確認できます。あれこれ悩む前にタイナビを活用するのが便利でスムーズにいきますよ。

 

●事業用、法人用、産業用の専門はこちらから → https://www.tainavi-next.com/
●一般家庭用の太陽光発電はこちらから → https://www.tainavi.com/

 

 

↓こちら過去記事となります

太陽光発電の即時償却とは?優しく解説してみました

青色申告の時期になると、耳にし始める言葉が太陽光発電の即時償却というものではないでしょうか。インターネットなどを見ると難しい説明が多く載せられていますが、実際には、太陽光発電の即時償却とはどのようなものなのでしょうか。

 

太陽光発電の即時償却を理解するには、減価償却を知らなければなりません。減価償却とは何らかの設備等の費用を、その設備の効果が及ぶ年数、これを法定耐用年数といいますが、その年数にそれぞれ損金として配分するという考え方です。例えば5年使用できる設備を100万円で購入した場合、20万円ずつ毎年損金が配分されていきます。

 

しかし即時償却が可能であると、この配分をせずに最初の一年にすべての損金を充てることができるようになるのです。太陽光発電システムの場合は通常法定耐用年数が17年とされていますが、費用が300万円以下の場合には最初の一年目にこのすべての損金を会計に算入する事ができるようになります。

 

これにはどんな意味があるのでしょうか。損金がすべて一年目に算入されるということは、一年目の利益が減るということになります。利益が減ると、税金を減らすことができるわけです。つまり節税につながっていきます。しかしこれは2012年5月29日から2013年3月31日までに設備を取得したものに限られますので、詳しいことは国税庁のホームページなどで確認することが必要になります。

 

難しいことも書かれていますが、太陽光発電を購入し節税するためにも、ぜひ理解を深めたいところです。