太陽光発電で節税!

太陽光発電で節税はできるのでしょうか?

太陽光発電というと、高額な費用がかかるということに目が行きがちですが、太陽光発電で節税が可能であるという事をご存知だったでしょうか。一般家庭だけではなく、自営業の方や法人でも太陽光発電での節税が可能なのです。どのような方法で太陽光発電で節税できるのでしょうか。

 

サラリーマン家庭の節税

まずサラリーマンの家庭について考えましょう。一般家庭の場合には太陽光発電システムを取り付けることで一定期間の減税措置を受けることができるようになります。設置の際にリフォームローンを組んだり現金で支払ったりするときにこのリフォーム減税を受けることができるようになるのです。しかしながらこれは確定申告を行わなければなりませんから、必要な情報を税務署などで得る必要があるでしょう。

 

自営業・法人の節税

自営業の方の場合にはさらにわかりやすくなります。10kW以上の太陽光発電システムの減価償却のシステムを通常償却額+30%償却できるという制度があります。自営業の方はいつでも一定の収入があるとは限りません。収入が多い時もあれば少ない時もあるでしょう。収入が多い時は税金も高くなります。しかし太陽光発電の費用を多く償却できるとなるとその費用は支出となり利益が圧縮されます。ですから税金が少なくなるのです。これは法人でも当てはまります。しかし10kW以上のシステムに限られますので、これを一般家庭で行うのは少し難しいかもしれません。

 

太陽光発電には電気代や環境問題だけではなく節税という側面も持っているのです。賢い方法として利用してみるのはいかがでしょうか。

 

自営業、法人に超朗報!グリーン投資減税がH25開始
グリーン投資減税とはH25に施行開始となった制度で、取得した太陽光発電システムについて全額を経費としてその年度に計上できる制度です。しかも上限額は定められていないので今年の利益をまるっと消せちゃうんです。つまり今年1500万円投資したら、1500万円が経費として計上できます。(※ H27の3末までに取得した設備に対してとなっています。) 売電によって年利10〜15%になると言われていて多くの法人が産業用太陽光発電に投資をスタートしています。

太陽光発電の検討は「タイナビ」という便利サイトがいいですよ

これから太陽光発電の導入を考えている方は、タイナビという便利サイトを活用するのがおすすめです。タイナビを使うと複数の業者に資料請求・カタログ請求や、概算見積もりがもらえるんです。もちろん業者の方では関係法令も把握しているから「節税」についても確認することができるでしょう。

 

タイナビでは郵便番号やアドレスを入力するだけで簡単に依頼をかけることができます。すでに100万人が利用しているサービスなので信頼度もあっておすすめですよ。

 

●事業用、法人用、産業用の専門はこちらから → https://www.tainavi-next.com/
●一般家庭用の太陽光発電はこちらから → https://www.tainavi.com/