太陽光発電をローンで?

太陽光発電はローンを組んでまで設置するメリットはあるか?

太陽光発電の設備を購入するときには大抵ローンを組みます。しかし住宅を建てる際にもローンを組んでいる方にとっては太陽光発電でローンを組む価値があるのだろうかと思うかもしれません。実際のところそこまでする価値が本当にあるのでしょうか。

 

結論から言えば、太陽光発電はローンを組んでも導入する価値がある「場合がある」といえるのです。その大きな理由は電気代の節約と売電です。太陽光発電によって作られた電気はもちろん家庭内で用いられる電気として使うことができます。つまり電力会社から買う電力を抑えることができるのです。

 

それだけではありません。余った電力は電力会社に売ることができるのです。これを余剰電力の売電といいますが、これによって月々利益を得ることが出来るのです。もちろん住宅の向きや日照時間によって月々の発電量は異なりますが、大体10年前後で組んだ太陽光発電のローンの分くらいは発電で利益を得ることができると考えられるのです。太陽光発電システムはきちんとメンテナンスを行えば20年以上使用することが可能ですから、その後かなりの期間利益だけを得ることができるシステムと考えることが出来るでしょう。

 

このように太陽光発電はこれからの生活にとってメリットが大きいといえます。初期費用は確かに高額ですが、今は補助金などによってかなり低減されてきました。ぜひローンを組みたくないという理由だけでローンでの太陽光発電の導入をためらわないでいただきたいと思います。

大切なのはシミュレーションをすることですね

いくら売電によって費用を回収できて、10年後以降も利益を出し続けるシステム、といっても本当に10年で回収できるのかが大切です。ローン込みの購入価格がいくらで、毎年いくら売電できて、というシミュレーションをして、大丈夫と思ったら購入する価値があると思います。

 

そのためには信頼出来る業者に見積もって、シミュレーションを作ってもらうのが大切です。そして1社だけでなく少なくとも3社は提案を比較しておいたほうがいいと言われています。

 

信頼できる業者をお探しなら、「タイナビ」という便利サイトを使われるとよいでしょう。タイナビは住んでる地域の優良業者に一括で資料請求や見積りの取得ができるサイトなんです。


≫簡単1分入力 タイナビ公式サイト