太陽光発電の普及率と今後の見通し

太陽光発電の普及率と今後の見通し〜太陽光発電は今買いなのか〜

太陽光発電が環境に良く節電にもなると言われてから久しく経ちました。実際に道を歩いていても屋根の上にソーラーパネルを設置しているお宅も増えてきました。しかし今後の太陽光発電の展望はどのようなものなのでしょうか。

 

2011年末の時点で住宅用太陽光発電の普及率は3.6%でした。一般家庭だけではないにしてもかなり低い数字であると言えるでしょう。単純に考えて、100軒中4軒以下の普及率ということだからです。

 

国の計画では今後10年で20倍の普及率をめざす

ではこれから太陽光発電の普及率の伸びは見込めないのでしょうか。そうではないようです。一昔前は太陽光発電に関心があり、経済的に余裕がある人が太陽光発電システムを設置していました。しかし今後より一層のコストダウンが見込まれることやハウスメーカーが標準的に太陽光発電システムを設定していることから、これから太陽光発電の普及率は伸びていくという考え方が一般的です。国の発表では2020年には約500万世帯を超える普及率をめざすという計画です。

 

 

太陽光発電はいまが導入にふさわしい時期!

これからも引き続き電力会社が電力を買取り続けることもほぼ決まっています。さらに環境問題への関心が高まっている現在、太陽光発電を行わないデメリットを探すほうが難しいでしょう。

 

加えて、売電価格もこれから変化していきます。これから先、売電価格は低下していくことが予想されます。今太陽光発電システムを導入すると、高い売電価格で契約を行うことができます。まさに太陽光発電を導入するなら早いほうが良いというわけです。もちろんお金がかかりますからすぐに決定はできませんが、ぜひ機会があれば太陽光発電を検討してみてはいかがでしょう。

 

 

太陽光発電一括資料請求・見積の「タイナビ」をご活用ください

タイナビという便利サイトを利用すると次のようなことが可能になります!当サイトは全部で100記事以上のコンテンツを保有していますので、当サイトでいろいろと身に着けてもらってもいいですし、タイナビを活用しても理解が早まるでしょう。