太陽光発電の法定耐用年数とは?

太陽光発電の法定耐用年数とは?

太陽光発電に限らず、何かの設備を設置するときにはよくわからない専門用語が出てくるものです。その一つが太陽光発電の法定耐用年数です。

 

そもそも耐用年数とはなんでしょうか。物理的な寿命ではありません。定義としては減価償却資産の使用可能な見積もり期間のことです。太陽光発電システムなどの高価なものを購入するとお金がたくさんかかります。それを一度に費用にしてしまうと大きな赤字になってしまいます。そこでその費用をある一定の年数に分割し、毎年一定の支出があると考えます。これが減価償却です。

 

でも最初にすべてのお金を支払っているわけですから、実際に支払うことのないこの減価償却分は利益ということになります。企業等においては減価償却の年数が決まっていないと、この方法を用いて節税ができてしまうため国が減価償却に要する年数を決めてしまっているのです。これが法律で定められた耐用年数、すなわち法定耐用年数なのです。

 

もちろんこれは太陽光発電システムにも適用されており、「機械、装置」に分類される「その他の設備」の中の「主として金属製のもの」として17年が太陽光発電の法定耐用年数とされていますが、自治体によっては9年としているところもあるようです。つまり購入して17年後、もしくは9年後には購入した太陽光発電システムの価値は0になるということになります。

 

もちろん17年で太陽光発電システムを買い換えなくてはならないというわけではありません。メーカーによっては25年の寿命と謳っているところもあります。これはあくまで寿命ですから間違えないようにしてください。

 

太陽光発電を検討中ですか?

相見積もりで最安値を引き出せる無料のサービスをご活用下さい。↓既に100万人が利用しています。