太陽光発電の補助金(平成24年度)

太陽光発電の補助金 平成24年度について

太陽光発電システムを導入するうえで最大のネックとなっているのは費用の問題でしょう。いくらランニングコストの軽減で回収できるといっても1度に100万〜300万もの費用をポンと出せる人は少ないでしょう。そんなこともあり、国や自治体ではシステムの普及を推し進めるため、補助金制度を導入しています。

 

簡単に言えば太陽光発電システムを設置すれば一定額の補助金を受け取ることができるわけです。その分費用を回収することができるわけで、賢く活用することで経済的な負担を大いに軽減することが可能です。

 

平成24年度の国の補助金

では具体的にどの程度の補助金を受け取ることができるのでしょうか。平成24年度の住宅用太陽光発電システムでは1kwあたりのシステム価格によって金額の設定が異なってきます。

  • 1kwあたりが55万円以下のものはkwあたり3万円の補助金
  • 1kwあたり価格が47.5万円以下のものに対してはkwあたり3.5万円の補助金
  •  

    が支給されます。なお、1kwあたりのシステム価格とは補助の対象となる経費を太陽電池モジュールの最大出力で割った数字です。一般的な4人家族の場合は4kwシステムを構築するので、14万円の補助がいただける形になりますね。

 

  • 申込み期間は平成24年4月下旬から平成25年3月下旬まで。
  • 毎年3月になると駆け込みが増えるので余裕を持って検討を進めたほうが良いでしょう。

 

なお、これは国の補助金制度。それとは別にすんでいる都道府県、自治体ごとに補助金が設定されている場合もあります。うまく組み合わせることでより安く導入することも可能なのです。かなりの金額になりますから、ぜひとも踏まえておきたいところです。各都道府県別の補助金についてはコチラの記事をご覧ください。

 

太陽光発電を業者に依頼する際には自治体の補助金制度も把握してるはずなので、最新情報は業者に確認することもできますね。

 

業者をお探しの方は▼クリック