太陽光発電の全量買取制度とは?

太陽光発電の全量買取制度についてまとめました。住宅用も可?

太陽光発電を導入している人にとって余剰電力の売電というのは大きな節電のモチベーションになります。しかし2012年から太陽光発電の全量買取制度という制度が定められました。太陽光発電の全量買取制度とはなんでしょうか。余剰電力の売電とどう違うのでしょうか。

 

余剰電力の売電

余剰電力の売電は、太陽光発電システムで発電された電気のうち家庭内で使用された電気を差し引いて余った電力を電力会社に売ることができるというものです。ですから余れば余っただけ売電することが可能なので、消費者の節電意識も高まるわけです。

 

全量買取制度

しかし太陽光発電の全量買取制度はこれとは異なります。全量買取制度は太陽光発電システムやその他の方法で発電された電気すべてを売電することができるというものです。一方でその建物の中で消費された電力は通常通り電力会社から買電するということになります。

 

つまり余剰電力の場合には余った分だけを売電することができましたが、太陽光発電の全量買取制度の場合は作った分だけ売電することができるということになるのです。しかし残念なことに一般の住宅にはこの制度は適用されません。この制度が適用されるのは事業者や学校が自分の建物にソーラーパネルを設置するといった産業用途に限定されているからです。

 

一般の住宅では従来通り余剰電力の買取が行われていきます。

 

一般の住宅ではこの制度が適用されないことを考えると関係が薄く感じるかもしれませんが、実はそうではありません。全量買取制度で使われるお金は電気料金に含まれているからです。ですから、これからもこの全量買取制度を注意深く見守っていくことにしましょう。