太陽光発電の売電について

国の制度とも関係している太陽光発電の売電について

太陽光発電を導入した家庭は多くのメリットを享受することができます。その1つに「売電」というものがありますね。これは自宅のソーラーパネルをつかって発電した電力を電力会社に買い取ってもらうことが出来る制度です。この制度のおかげで手元に現金を残すことができます。

 

売電については毎年国の制度が変更になったりしているので毎年チェックしておかないといけません。当サイトではなるべく最新情報を乗せられるようにしていきたいと思っていますので、ぜひ下記記事からご覧いただきたいと思います。

太陽光発電で電気を売って稼ぐ売電についてまとめました記事一覧

太陽光発電を考えている人にとって、やはり気になるのは太陽光発電の売電価格であることでしょう。何もなく節電することは難しいですが、余った電気が売れるとなれば節電するモチベーシ...

太陽光発電はどのくらいの発電量があるのか、またどのくらいの期間で元が取れるのかという疑問は誰しもがもつものです。実際に太陽光発電を設置するとどのような効果があるのか、太陽光...

太陽光発電を導入している人にとって余剰電力の売電というのは大きな節電のモチベーションになります。しかし2012年から太陽光発電の全量買取制度という制度が定められました。太陽...

太陽光発電のメリットが記されたホームページやパンフレットなどは数多くありますが、必ずと言っていいほど記載されているのが、太陽光発電の余剰電力買取制度です。よく聞く言葉かもし...

太陽光発電をしているメリットの一つが余剰電力を電力会社に売ることができるというものでしょう。多くの人がこのシステムによって、電気代を安くしたり節電に励んだりしているに違いあ...