福島での太陽光発電導入にお役立ち情報

太陽光発電@福島|施工業者と補助金について(平成26年)

平成26年度 福島の太陽光発電補助金

福島県における太陽光発電システムの補助金制度は、再生可能エネルギーの導入をすすめるためにあります。太陽電池のモジュール出力が最大で1kWあたり35,000円の補助金が受け取れるようになっています。

 

設置の上限は4.0kWで、金額にすると最大で14万円までとなっているのです。これは他県と比較しても優遇されている金額なので導入するメリットが大きいでしょう。

 

福島県に住んでいる人で、業者に依頼して設置をしてもらうことになり事前の申請が必要になります。

 

平成25年との違い

太陽光発電に関する補助金制度に申し込むには、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の補助金申込受理決定通知書が必要でした(つまり国からの補助金受理が先)、しかし平成26年度はJ-PECに申し込みしてなくても福島県の補助金を受け取れるようになったのです。

 

平成26年からは国の太陽光発電補助金は無しになったので福島県独自の補助金はありがたいですね。

 

業者に設置を依頼して申請できる対象としては、福島県内の住宅であることと、県税の未納がないことが条件となっており、個人でも法人でも可能です。

 

市別の太陽光発電 補助金

県とは別で市でも補助金の支給を行なっていますのでそちらも活用したいですね。

  • 福島市 補助金: 1KWあたり30,000円で、上限4KWの120,000円
  • いわき市 補助金: 1KWあたり10,000円で、上限4KWの40,000円
  • 郡山市 補助金:1KWあたり20,000円、上限4KWの80,000円
  • 会津若松市 補助金:1KWあたり10,000円、上限4KWの40,000円

となっています。

 

福島の太陽光発電業者

依頼する施行業者は信頼できるところを探すほうがいいでしょう。福島県には、福島市の京セラFC 鏡石や、郡山市のハウジングベスト、会津若松市の会津太陽発電などがあります。また東北全県をカバーするクリーンテックもそうです。福島県は地域によって積雪が多いこともありますから、地元の施工業者に頼むと安心ですね。

 

そして、福島県の太陽光発電システムの設置に関する補助金制度では、申込書、県税納税証明書などが申込みの際に必要になります。そのうえで、電力業者と電力受給契約を結んでもらうことになります。これらの手続きは、すべて自分で行う必要はなく、基本的には設備の設置を依頼する業者に代行してもらうことも可能になっていますよ。

 

 

 

福島で業者をお探しのかたへ

 

≫タイナビ公式サイト

 

 

福島では原発事故の影響や、地震による家のリフォームと同時に太陽光発電を設置する人が増えています。県や市の補助金にも枠がありますので、3月末など駆け込みの時期になる前に検討しておくとよいでしょう。