太陽光発電の耐用年数 − 基本情報

太陽光発電の耐用年数は何年?保証がいいのはドコのメーカーですか?

太陽光発電システムを購入したならぜひできるだけ長い期間使いたいと思うに違いありません。しかし実際には太陽光発電設備の耐用年数はどのようになっているのでしょうか。

 

各メーカーの保証期間を見てみると、10〜25年とかなり幅があることがわかります。太陽光発電設備の法定耐用年数が17年であることを考えると、どのメーカーもそのくらいの期間の保証を見込んでいるという事は明らかです。

 

しかしながらこの保証は大抵太陽光パネルの保証であり、太陽光発電周辺機器の耐用年数となるとまた少し異なります。周辺機器にはパワーコンディショナや接続箱といった物がありますが、これらは法律で交換の期間が定められており、これに関してはメーカーが無料で行ってくれるでしょう。

 

太陽光発電の耐用年数は約20年

一般的に考えて太陽光発電設備の耐用年数は20年前後であると考えることができます。もちろんこれよりもかなり長い期間使用することができる場合もありますが、20年程度使用したらそろそろきちんとしたメンテナンスを行う必要があるかもしれません。

 

メーカーによっては発電量の公称最大出力に対する割合によって太陽光パネルの交換をしてくれるところもあります。例えばソーラーフロンティアは10年目まで最大出力の90%を、11年目以降は80%を20年目まで保証してくれます。その他のメーカーもそれぞれに特徴のある保証を準備しているのです。

 

太陽光発電設備の耐用年数はおよそ20年ですが、賢く使えばもっと長期間にわたって使用することができ、利益を多くもたらすことになります。ぜひメンテナンスを怠ることのないようにしていきたいですね。

 

2012年現在・保証が長いのはソーラーフロンティア

各太陽光発電パネルのメーカーではそれぞれ独自の保証制度を設けています。単純に期間の長さだけで見るならばソーラーフロンティアが20年と長いのでオススメです。あとは外資企業のカナディアンソーラーは25年の保証をつけてたりしますね。

 

もちろんメーカーの保証の厚みはサポート体制や費用の面とともに変化していってますので、最新情報はメーカーサイトで確認されるとよいでしょう。

太陽光発電をご検討中のかたへ:初心者にもおすすめのピックアップ情報!

あれこれ調べたり悩んだりする前に太陽光発電一括資料請求の「タイナビ」の活用が便利です!

 


≫簡単1分入力 タイナビ公式サイト