太陽光発電の原理・仕組みについてまとめました

太陽光発電の仕組みとは

太陽光発電を考えている人の中には、太陽光発電の原理を知りたいと思っている人も少なくないことでしょう。太陽光発電をしている家で私たちが普段目にするのは黒いパネルだけなので、詳しい事を知らない方も多いのではないでしょうか。

 

太陽光発電の原理とはもちろん太陽の光を使って電力を生み出すわけですが、原理は意外と簡単です。私たちがよく目にする発光ダイオードやモーターは電気の力を用いて発光させたり回転させたりしています。太陽光発電はその逆の効果、光電効果を利用しています。

 

私たちがよく目にする屋根の上の黒いパネルは幾つかの層に分かれています。太陽に当たる方から順番にマイナス電極、N型半導体、P型半導体、プラス電極です。半導体にはたいていシリコンが用いられます。N型半導体とP型半導体の接合面に太陽光が当たると、マイナス電荷を帯びた電子とプラス電化を持つ正孔が発生します。

 

電子はN型半導体の方へ、正孔はP型半導体の方へ引き寄せられます。するとそこに光起電力が発生し、それを電極によって外部に取り出すと電力として用いることができるようになるのです。

 

これが太陽光発電によって電気が得られる原理ということになります。しかしこの時の電流は直流電流ですから、もし家電などに用いたい場合には交流電流に変換する必要が生じます。

 

太陽光発電の原理を知ると、太陽光発電がもっと身近に感じるのではないでしょうか。ぜひおうちに取り付けて、家庭内で発電する恩恵を受けてみてはいかがでしょうか。