太陽光発電の導入までの流れをご確認ください!

太陽光発電システムを導入するまでの流れ

太陽光発電を検討しているならば、太陽光発電を導入する際の手順や決まりなどについてある程度知っておく必要があります。どのくらいの期間がかかるか、場所はどの程度必要なのかといった基本的な情報が必要なのです。

 

導入までには次のようなステップで進んでいきます。

 

詳しく見て行きましょう!

 

STEP1

太陽光発電の導入を検討する時に考えるべき点の一つはまずは、どこのメーカーのパネルにするか、また設置業者の選択から始まります。大抵の場合はパネルの大きさや予算である程度しぼり込めるでしょう。設置業者からのカタログ、見積り・提案・シミュレーションなども取得しておくと検討が進みます。

 

STEP2

さらに太陽光を遮るものがないかどうかを確認します。電線のような一見影響が無いように思える場合でも発電量にはおおきな影響を及ぼします。設置業者に現地チェックをしてもらえればより細かい発電量の予測も立ててもらえます。

 

STEP3

また予算を考えることも必要ですね。自治体によっては補助金を出しているところもあるので最新情報は自治体に確認してください。運がよければ国・県・市から最大で3箇所から補助金が出ることがあります。(業者の方で把握してると思いますので、業者に聞くと手続きのやり方もわかって一石二鳥です)

 

STEP4

その後、問題なければ業者との契約を行い、工事が始まります。パネルを設置するための屋根工事とパワーコンディショナを取り付ける電気工事の二種類の工事が行われることでしょう。 ※業者はかならず複数社とやり取りをして1番対応がよいところ、価格の折り合いがつくところと契約するようにご注意ください

 

STEP5

すべての工事が終了したら、最後に電力会社との契約が有ります。電気の売買契約を結んだら、太陽光発電の導入は終了です。

 

ここまで読むととても面倒くさいと思うかもしれませんが、業者も自治体も電力会社も助けてくれるので実際にはさほど難しいことを行うことはありません。勇気を出して太陽光発電の導入を検討してみてください。

まずは販売業者・パネルの選定です!

まずは自分が住んでいる地域の販売業者に連絡をとってパンフレットや概算見積もりをもらうことから始まります。

 

ネットで探しても販売業者はホームページを持ってないことが多いのでスグには見つからないと思いますが、タイナビという太陽光発電の優良業者を集めた便利サイトを使うとすぐ見つかるでしょう。

 

カンタン1分入力で、電話などすることなく資料がもらえるので便利です。しかも住んでる地域の業者何社かに一括で概算見積もり請求ができるので、その中から最安値を検討できるメリットもあります。

 


≫簡単1分入力 タイナビ公式サイト